思いのままにペンでスラスラ

自分の好きなものについて好き勝手に書いたりレビューしたりします。

アイカツスターズ!イリュージョンShow Timeが最高なんだという感想&紹介(ほぼネタバレ無し)



 

アイカツスターズ!のアイドルは実在(挨拶)

 

 

ということで、今回は『アイカツスターズ!イリュージョンShow Time』の話をします。

 

 

 

アイカツスターズ!イリュージョンShow Time|イベント/大会|データカードダス アイカツスターズ!

↑ここのリンク先から一般販売チケット買えますよ!どの公演回も割とチケットありますよ!!

 

 

 

この記事にまで来ている方はイリュージョンShow Timeがどんなものか既におわかりな気がしますが、横浜DMM VR THEATERにて開催される、↓記事内で触れられているような、凄い技術で凄い現実感の、アイカツスターズ!の凄いステージです。伝わって。

 

(ライブイリュージョン再演時の記事)

DMM VR THEATER「アイカツスターズ!イリュージョン☆Show Time」と記念公演「アイカツ!LIVE★イリュージョン~3大チーム!ドリームマッチ♪~アンコール Party!2017」開催|株式会社DMM.comのプレスリリース

 

(去年の感想記事)

 

 

で、4/23(日)にあったナイトタイム最速上映会に行ってきたんですが、本当に素晴らしいステージで、とにかくアイカツスターズ!を観ている人はみんな行ってほしいという気持ちでいっぱいになったので、そういう話をします。

 

今回は公演回数も多く、また、内容の多くを知らない状態で行ったほうがより感動できると思いますので、今回は内容のネタバレを排除して書ける範囲で紹介します。セトリとか書きません。*1

ですが、完全排除だと表現し切れないため、公演内容の一部分だけは言います。ざっくり言うと「これくらいの内容はTwitter見てると感想で流れてくるだろう」という辺りまでは言及します。やや具体的には、「公演内で撮影が許可されるとあるコーナー」に関しては写真を交えつつ話をします。

 

そのあたりにご留意いただいた上でお読みいただければと。

 

(2017/04/30追記:4/29のナイトタイムA、Bを更に観てきましたので諸々追記しています。また、セットリスト含むネタバレ満載の感想記事も別場所に書きましたので、この記事の末尾にリンク置いておきます)

 

 

f:id:leather770:20170428202731j:plain

 

 

 

 

ということで、アイカツスターズ!イリュージョンShow Timeのどんな部分が凄いのかを極力語彙のある形で紹介していきます。

 

 

1.現実感がすごい

語彙のある形って言った瞬間にざっくりしすぎですね。具体的に噛み砕いていきます。とはいえ、この写真を見るだけで「現実感!!!」という思いは伝わると思います。いや、もう富田美憂さんと朝井彩加さんの隣に完全にゆめちゃんとローラちゃんいるじゃないですか。いるんですよ。

 

※リンク先の記事はガッツリと内容や曲目に関するネタバレ言及を含んでいるのでご注意ください。

 

 

●とにかくスクリーンのリアルさがすごい

具体的に書いていきますと、まずここに集約される感じがあります。ライブイリュージョン再演でDMM VR THEATERに来た際にも思いましたが、上の写真の通り、会場のスクリーンの自然さがかなり強いです。

観ていて単純に「あ、そこにアイドルがいる」と感じられます。曲によってはキャラクターが交差したり前後に並んだりという動きもあり、本当に自然というか、自然すぎて「なんで現実に存在するアイドルの話をしているのに、僕は"自然"とか言ってるんだ……?」と思えてくるくらいです。誇張とかでなく、観れば実感できますから、マジで。

→というかもう、言葉にしなくても実際に観に行けば一瞬でわかります。始まって0.5秒で理解できます。そこにアイドルが"います"。それを4/29公演の開始直後に発生した会場のざわつき方で確信しました。

 

 

●細部へのこだわりがすごい

以前のライブイリュージョンから現実感を強く意識していることは十分に伝わってきましたが、今回はさらにそれがすごい。大きい面ではスターズ!筐体のモデリングがより精巧になったことが挙げられると思いますが、それに加えてイリュージョンShow Timeでのこだわり部分が更なる現実感を与えています。

 

・キャラクターの後ろにある影

とにかくこれがすごい。曲以外でキャラクターたちがステージ上に立っている際、ステージ後ろの壁にキャラの影が映されていて、当然キャラの動きにあわせて動くんですよ。これによって「やっぱりアイカツスターズ!のアイドルは現実にいるじゃん!!!」になります。

 

という話をより具体的にするために、撮影可能タイムでの写真を紹介します。アイカツ!のライブイリュージョンではお馴染みという感じの、ファッションショーの時間が今回もあります。そしてここが撮影可能です。最高。

 

iPhoneで撮影しているのでそこまで画質良くないかもですが伝わりますでしょうか。壁面の影。これなんですよ。

f:id:leather770:20170430111431j:plain

 

 

・ダンスで生み出されている微妙な差異

この点も以前のライブイリュージョンから更に進化している部分として大きいと感じました。ステージをより華やかにするのに、登場キャラを増やそうとすることもCGである故に余裕なわけですが、単純に増やすだけだと各キャラが完全に同じ動きになり、「統率の取れたダンス」ではなく、「同一の動きをするアンドロイド」っぽい不気味さが出てしまいかねません。

しかし、イリュージョンShow Timeは全くそんなことなく、それぞれに微妙な動きやタイミングの差が作られているこだわりが感じられました。その差異も、キャラごとの特徴が上手く反映されている(元気に腕の伸びがあるダンスや、優雅さを感じさせる動きなど)ものなっています。また、全身の動き以上に、笑顔が多い、ウインクが多いなどの表情差異が多く盛り込まれていました。その違いを探すだけでも楽しく、公演を既に3回観てますが、それでも拾いきれないくらいです。

 

 

・キャラクターごとの細かい仕草

ダンスの差異に近い話ですが、ファッションショーや間に入るMC部分における、アイドルごとの細かい動きに対するこだわりについての話です。

想像してみてください、ファッションショーでスポットライトの当たっているときアイドルがどんな感じでいるかは割とわかるじゃないですか。その際、壇上にいてスポットライトの当たっていないときのアイドルはどうしてますか?……スポットライトの当たっているアイドルを見ていたり、客席の方を見ていたり、人それぞれだったりじゃないですか。それ、それなんです。それを完璧に再現してるんです。

 

これに関しても非常に芸が細かく、一度観ているだけでは完全に拾いきれないくらいの情報量があります。撮影していると、後で見返して「こういうこともやってたのか……」となるレベルですね。

そういった部分と合わせて、現実感写真を何枚か貼っておきます。

 

 

ポーズ取ったり後ろを向くのに積極的なゆめロラ。

f:id:leather770:20170428211539j:plain

f:id:leather770:20170428211551j:plain

f:id:leather770:20170428211602j:plain

f:id:leather770:20170428211612j:plain

 

 

 ポップ属性組とセクシー属性組の動きで表現される見事な対比

f:id:leather770:20170428211723j:plain

 

f:id:leather770:20170428211746j:plain

f:id:leather770:20170428211806j:plain

f:id:leather770:20170428211812j:plain

 

 

 

ちなみにですが、VRシアターの特性上、会場内が暗さとステージ上の明るさの差が強いので、スマホで油断するとすぐに白飛びします。写真は圧倒的なオーラと神々しさで常人には目で捉えることができなくなったひめ先輩です。

 

f:id:leather770:20170428212019j:plain

 

 

 

2.イリュージョンだからこそできることがすごい

こんだけ現実感現実感と言ったあとで何だという感じもありますが、同時に現実のライブではないからこそできる凄い点についての話です。

 

●ドレスやアイドルの入れ替わりが一瞬

ここはやはり映像である強みだと思います。衣装の変化やアイドルの交代が一瞬ですからね。これによって全体のテンポが良くなるというか、息継ぐ間もなく怒涛の展開を浴びせられ続けます。その展開密度によって、公演時間が本当にこれだけだったのかと思えるくらいの充実感があります。

ドレスもこれまでに登場した色々なものが見られる嬉しさがあります。具体的には触れませんが、ここに関しても大きな"現実感"を伴った演出があります。

 

 

●ステージ背景やオーラ

各ステージの背景も投影されることで、「あ、アニメで観たあのステージだ」「筐体でいつもやってるあのステージだ」という没入感があります。そしてさらに、筐体で「ファッションショー」ジャンルになっている曲に関して、アイドルが前に歩いて行く動きに対応して背景も変化していったりと、映像だからこそできる表現が盛り込まれています。本当に最高です。

 

また、オーラに関しては主にアイドル退場時の表現がすごいです。↓の写真みたいな感じだったり、アイドルによって「オーラの大きさやべえ!」みたいな表現も出てくるので、これまた面白いです。

 

f:id:leather770:20170428213032j:plain

 

 

3.会場の一体感がすごい

アイカツ!での合言葉ともいえる『ライブは一体感!』それを強く感じられます。

当たり前ながら、会場にはアイカツ!アイカツスターズ!が大好きな人しかいないわけで、演出に対するリアクションが一致しての一体感が実に楽しいです。

今回はネタバレを避ける記事ですので書きませんが、あそことか、あそことか、あとあそことか……会場全体で「うわあああ!!!」となる瞬間がたくさん存在します。

 

 

あ、補足情報ですが、レギュレーションに関して「スタンディング」となっている回以外については座席に着席しての公演形式ですし、まあそこまで大きく騒ぐような感じではないです。もちろん別にナイトタイムにおいて声を出すことが憚られるような雰囲気でもないですし、個人的にはちょうど良い塩梅の空気でした。

 

 

4.作っている方々の愛情がすごい

そして最後はやはりこれです。ここまでに書いてきたようなこだわりや演出は全て、「どうすれば良いアイカツスターズ!イリュージョンShow Timeになるか」を作っている方々が追い求めた結果生み出してくれたものだと思います。

ライブイリュージョンからの蓄積、DMM VR THEATERの持つノウハウ、これらと愛情を合わさることで最高のものができあがっています。

 

途中途中のキャラのかけ合いセリフも破壊力の高いものが多く、「ア゛!!!!」みたいな声が漏れまくりました。この辺りも含め、作品への愛情が感じられる場面が多々あります。

 

というか、最高の場面が多すぎて一度観ただけではその全てを拾いきれないくらいの情報量があります。そして観終わったあと、「もう一回観たい……」の思いが非常に強く出てきます。

幸運にも公演回数はメチャクチャあります。もう一回観たいの衝動に素直でいましょう。これ書いてる翌日にまた行きます。最速上映はAパターンのみだったので、Bパターンの方も何が違ってくるのか、今から楽しみです。

 →(4/30追記)当然ですが、改めて観ても最高に楽しかったです!!!

 

 

とにかく最高のアイカツスターズ!イリュージョンShow Timeですので、予定の都合のつく方々は騙されたと思って是非とも観に行ってください。騙しませんから!!!

 

 

アイカツスターズ!イリュージョンShow Time|イベント/大会|データカードダス アイカツスターズ!

 ↑最初にも貼りましたが、URL先にチケット販売リンクあるのでチケットを買って横浜に向かいましょう……

 

 

 

おまけ

知っておくと便利かもしれない的な情報をおまけとして書いておきます。

 

・AパターンとBパターンの違いについて

内容に触れずにこの話をするのメッチャ難しいですが、まず、「どちらか一方しか観ないのは損」ということは無いのでご安心ください。

A、Bどちらも観るつもりの方は、できればAを先に観た方が、それぞれの違いについてより楽しめるかなという印象です。Bを先に観ても悪いわけではありませんが、A→Bの順で観たほうが、なぜこっちが「A」で、なぜこっちが「B」か、を実感しやすい気がします。

まあ、どのみち一回で拾いきれないくらいの情報量がありますし、最初に観終えた後の「もう一回観たい」という気持ちがかなり湧くと思いますので、難しいこと考えずにいっぱい観ましょう!(雑なまとめ)

 

 

・ナイトタイム2について

ナイトタイムの2回目は開始時刻が20:30と遅めなこともあり、Bパターンの最速公開となった4/29(土)でも、全体の半分?かそこらという入り方でした。という状況からすると、今からチケット取ってもそれなりの位置で観られる可能性が高そうな気がしますので、2回目の公演でも帰宅時間的に問題無さそうな方は狙い目かもです。

 

 

・開演前アナウンス

開演3~5分前くらいのタイミングで、ゆめ、ローラ、真昼、あこの4人による、開演前の諸注意アナウンスが会場内に流れるので、早目に待機しておくことをオススメしたいです。

そのほか、開演前はスクリーンで各種CMがずっと流れていたりするので早目に入っても特に退屈することはありません。フユコレのCMで有莉ちゃん先輩がデカデカと登場するところで僕と一緒にビクン!ってなりましょう。

 

 

・フォトカツ!アプリ提示でのドリンク値引き

ドリンク会計時に、アイカツ!フォトonステージ!!(フォトカツ!)アプリを提示することで、100円引きになるそうです。

コラボドリンクは各種600円です。入場時にドリンク代500円を支払うことになりますので、そのドリンクチケット500円分があり、アプリ提示で100円引き。つまり0円になりますね。お得!!!!

 

 

 

・オフィシャルショップ連動企画

オフィシャルショップで5月以降に500円以上買ったレシートの提示で、フードメニュー購入時のステッカー1枚サービスとのことです。

 

 

 

横浜から最寄りのオフィシャルショップはソラマチ内にありますので、イリュージョンShow Time前に足を運んでみてはいかかがでしょうか。ちなみにソラマチ店のSwarmメイヤーは僕です。

 

アイカツスターズ!オフィシャルショップ | ナムコ 「夢・遊び・感動」を。

 

 

・コインロッカー

会場内にもコインロッカーは一応いくつかありました。公式サイトにも個数が書かれていなかったので一応ここに書いておきます。僕の記憶が確かなら、小サイズのロッカーが300円で20個。縦長の中サイズロッカーが600円で6個でした。

座席の前後もそれなりに広い作りとなっており、よっぽど大荷物でなければ座席の下の空間などで十分に置けると思いますので、特にロッカー使わなくてもそこまで不便は無い印象です。

 

 

・ネタバレ感想

ガッツリとセットリスト含めたネタバレしか存在しない感想です。うっかり開いて見てしまわないようにパスワード付きの設定にしてます。

 

アイカツスターズ!イリュージョンShow Timeネタバレ感想とか(パスワード限定公開)- Privatter

 パスワード→aikatsu

 

 

 

 

 

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』2ndシーズンOP/ED主題歌「STARDOM!/Bon Bon Voyage!」

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』2ndシーズンOP/ED主題歌「STARDOM!/Bon Bon Voyage!」

 

 

 

 

 

*1:というか衝撃が大きすぎてセトリ覚えきれてないからどっちみち書けないんですけどね